インプットの次はアウトプット‼︎

出産するまでは民間の英語教室で児童英会話講師をしておりました。

今日はそんな私が、子供が楽しく英語を学べるコツをご紹介したいと思います。

今の時代、小さい頃から英語教室に通っている子供もたくさんいますね。長年、英語教育の現場を見てきて思ったのが、継続させることがいかに大変かということなんです。

2,3歳の小さい頃から遊びながら英語を学び始めて、小学生になってくると子供たちも慣れて飽きてくるんですよね。もちろん子供たちも飽きてくるんですが、通わせてる親も心が折れてくるんです。それは、小さい頃と比べると小学生くらいになると身についた成果を出さなくなってくるからなんです。親は本当に身についているのか不安になります。毎月高い授業料払っているのに身についていないなら、英会話より塾に行って英語を勉強させた方がいいわ、となるわけです。

ですが、けっして身についていないわけではないんです。ただ出していないだけなんです。さらに言うなら出す場所がないんです。

英会話教室でインプットされたものをアウトプットできる場所を作ってあげましょう。例えば、最近では自治体で海外の方と触れ合うイベントを実施していることがありますので、そういうイベントに参加してみてもいいでしょう。ショートステイで海外の方を受け入れるのもいいですね。国際交流会などもよくあります。

私が見ていてよく感じていたことは、子供には英語を触れさせたい、けれど自分は話せないから近寄らない、という親が多いということです。

子供が英会話を身につけるには、親も一緒になって海外の方と触れ合うのがいいでしょう。