メキシコで働いた時のこと

PR| 大阪梅田で学ぶビジネス英会話大学受験を失敗!留学は?姫路で相続相談に困ったら |病院のブランディングで価値を向上|

メキシコで5年ほど働いていました。

現地採用ばかりが集まる日系企業だったのですが、その社員の8割はメキシコ人でした。

ですが、ここに入る日本人は、とにかく出入りが激しいのです。

その理由は、全く日本と異なる給料と、日本以上のレベルを求めるクライアントに対する不服からでした。

しかし、私に言わせれば、私はそれまでに日本で働いてきましたが、この会社は確かに大変でも、それなりに見返りがありました。

メキシコ人クライアントがつくので、スペイン語力はアップしましたし、営業だったので、カンクン出張なども多々ありました。

でも、入れ替わりが激しくて、上司はやたらとスペイン語ができない日本人を入れ、私達が、現地社員に通訳したりすることもありました。

ですが、通訳するうちに、私もその指令の仕方も学べたのは良かったですし、私の苦労も現地社員がわかってくれたので、私の場合はすごく気楽に通訳をしてあげようという気持ちになれました。

メキシコでは旅行会社で働いていたこともありました。

その際、担当企業の出張や、その企業に勤める人の一時帰国のフライト予約を頼まれることがほとんどだったのです。

しかし、地方の企業の予約の際には、アメリカのロサンゼルスを経由していくことがほとんどで、それが、同じ日の乗り換えならまだしも、前泊するという方が多かったので、ロサンゼルスのエアラインに連絡していました。

その際に、メキシコ人は全く英語ができないので、私が代わりに通訳として英語で前泊用のホテル予約をしたりしていました。

私も通訳ができるほどの英語能力がないのにです。

しかし、このおかげで、英語でぺらぺらと今でも、ホテル予約に関しての単語を言うことができますし、大体の段取りも言うことができるので、この時の通訳は今でも役に立っています。

それより、問題なく企業の方たちが前泊できたことも、私の通訳レベルを証明することなので、誇りに思える業務です。

PR|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集|英会話ノウハウ勉強会|マーケティング経営研究.net|カウンセリングのお悩み解決サイト|会社経営に必要な知恵袋|